消防士の彼氏にはなかなか会えない

泣く女の子とそれを見る彼氏

消防士になると、仕事の特性から彼女となかなか会えなくなることがあります。

会えなくなることで、お互いのすれ違いが生じたり、不満もたまっていくと思います。

なかなか会えない理由は様々ですが、例えばお互いが忙しくて会えない、お互いの休みが合わない、消防士なので急な呼び出しがある、など理由は様々です。

忙しい

寝転がる男

彼女の仕事が忙しいとなるとなかなか会えなくなるのは分かりますが、消防士は基本的に24時間勤務で、出動などで時間が延長しない限り8:30には勤務が終わります。

また、非番の午前中に必要な業務やイベントなどで残ることもありますが、基本的に時間通りに勤務が終わります。災害等がない限り、消防士は時間的に余裕があるといえます。

彼女が忙しくない限りは、お互い忙しくて会えないということはほとんどないと思われます。

ただ、勤務場所によっては夜中の出動がずっと続き、非番日も眠らないといけないという人もいます。

消防士の勤務地や、勤務形態によっては彼女と時間を合わせることが難しい場合もあるので、お互いの実情をよく話し合って理解しあうことが大事です。

休みが合わない

泣く女の子とそれを見る彼氏

彼女の仕事が、平日の日中である場合、合える日は平日の夜がメインとなります。24時間勤務なので毎日会えるわけではありません。

もし彼女が毎日会いたいという人であれば当然不満も出てくると思われます。

消防士は、たいてい土日のどちらかが勤務日なので、土日に旅行するというのもなかなか難しいのです。

特に新人のうちは、休みの希望を出すのも気を使うことなので、消防士になって最初のうちは彼女となかな旅行に行くことは難しいかもしれません。

もし彼女が看護師などの夜勤がある職種の場合、消防士と同じく夜勤明けに会うということができます。

よく、消防士と看護師のカップルが多いと聞くのは、職種柄人助けをしている点と、夜勤などの勤務があるので、シフトが似ているという点からです。

夜勤がある彼女ならある程度、休みを合わせやすいかもしれません。

もし、夜勤がない彼女であっても、合える時間を少しでも見つけてあげて、彼女にたくさんサービスをしてあげましょう。その気持ちさえあれば、たとえなかなか休みが合わなくても彼女はきっと喜んでくれるはずです。

急な呼び出しがある

スマホをいじる男

消防士になると、災害時に急な呼び出しがあります。彼女と計画していたデートプランも台無しになることも。

しかし、それが消防士の仕事でもあります。呼び出しが嫌だからといってデートを優先させるわけにはいきません。

消防士になるときに、こういうこともあるという覚悟をするべきなのです。

市民は、自分の都合よりも、消防の仕事にすぐ戻れる気持ちを持った人を望んでいるはずです。

災害はいつ起こるかわかりません。彼女には、災害時にすぐ仕事へ行くということを伝えておき、理解してもらうことが大事です。

本当に彼のことを大事にしてくれる彼女なら、その一生懸命な彼氏のことを信頼し、理解してくれるはずです。