消防士と結婚することのメリット・デメリット

カップル

カッコいい印象のある消防士は、おつきあいだけでなく結婚の相手としても考えるもの。

とはいえ、おつきあいと違って結婚はその後の人生にも関わってきます。他の職業と比べて、消防士と結婚することのメリット・デメリットはなんなのでしょうか。

消防士と結婚するメリットは安定性

消防士と結婚するメリットの一番は、何と言っても公務員だからこその安定性です。

決して高い給料ではありませんが、リストラに遭うこともなく、失業の心配はありません。必ず計算できる金額が家計に入ってくることの安心感は大きいでしょう。

また、公務員には共済制度もありますし、社会保険の面でも安心です。

カッコいい仕事だとかなんだとか他にも良いことはありそうですが、長い目で見れば収入の安定性が一番のメリットです。

消防士と結婚するデメリットは遊びや浮気や不倫の心配

逆に、消防士と結婚する場合のデメリットは、浮気や不倫の心配が多いことです。

これはもちろん個人の性格によりますし、消防士だから浮気性というわけではありませんが、普通のサラリーマンよりも噂が多いのは確かです。

理由の一つは、生活リズムの問題です。

それほど高給ではないことから、子育ての時期になると奥さんがパートやバイトに出ることが多くなります。そして、消防士は不規則な勤務なので、お互いに家にいない日や時間ができやすいのです。

非番の日に遊びに行き、ギャンブルや女性に手を出すこともやりやすいのです。

もう一つの理由は、職場が昔ながらの体育会系なので、家庭を大事にするというよりは、職場の団結を重要視するところです。

家族サービスより職場の飲み会が大事。仲間の集まりが大事。

そんな風土があるので、お仲間同士でつるんで楽しむことを重視し、「職場の集まりを差し置いて家族のところ?」という空気もある様子。

家庭軽視の風潮から、遊ぶ・浮気するといったことは普通のサラリーマンよりも多くなります。

もちろん最終的にはその人の性格なので、消防士だからといって家庭を顧みずということはないのですが、あまり素行の良くない人が多いことも事実です。