消防士の結婚は早い

手をつなぐ家族

消防士の人は結婚が早いといわれています。

消防士は早い人は高校を卒業をしてすぐに消防士になります。高校卒業後、専門学校を出てなる人もいます。

消防士は比較的若いうちになる人が多いので、仕事になれ初めて結婚を考える人が多いのかもしれません。

消防士の職場の特殊性から結婚を早めに決める人も多いのです。

命がけの現場を経験するので癒しを求めたり、職場はほとんど男性なのでくつろげる場所がほしかったり、女性からもてるので女性に困らないという点もあるかもしれません。

また、職場の仲間意識が強いので、周りが結婚するとそれに続いてしまうということもあるかもしれません。様々な理由はありますが、それぞれみていきます。

命がけのハードな仕事なので癒しを求める

子犬

危険で過酷な現場や厳しい訓練。時には先輩からの怒号が飛ぶこともあります。

しかしそれは、命がかかっているからです。

毎日厳しい訓練と現場を経験していたら、体力的にも精神的にも辛くなります。その疲れを癒したいという気持ちは、ほかの職業に比べると強いのかもしれません。

男だらけの職場なので安心してくつろげる場所がほしい

芝生

消防士の職場は男性ばかりです。なかには女性職員が居る所もありますが、大半は男性です。

消防士になって慣れないうちは、男性ばかりの体育会系の空気になじめない人もいます。

24時間寝食を共にするので家族のような存在になるのですが、ひとりの時間を作って安心したいという人も中にはいるかもしれません。

そんなとき、家に帰って家族などの癒してくれる存在がとても心強くなるのは間違いありません。

安定していてたくましいからモテる

マッチョな男

消防士は、職業的にも体力的にも女性から見てとても魅力的な職種といえるでしょう。

公務員ということもあり、女性が結婚する際の大きなポイントとなるはずです。

また、普段から体を鍛えているので、見た目もよく、結婚を考える女性からすれば、消防士はまさに結婚したい相手となるはずです。

女性からモテるので、結婚を意識するのが早くなるのかもしれません。

周りの結婚が早いので家庭の話を聞いて憧れる

手をつなぐ家族

職場の先輩が、家族の写真や、生まれた赤ちゃんの写真を嬉しそうに見せてくれると、自分まで嬉しくなります。

消防士は、待機中や、救急出動が終わった帰署途上の車内など、普段から隊員同士でコミュニケーションを取っています。このコミュニケーションを通して絆を深めます。

話題になるのがやはり、彼女の話や結婚の話が多いのです。先輩たちも結婚が早いので、結婚のいい面悪い面を早いうちに認識することで、自分も結婚を考えないといけないという状況に自然となるのです。

結婚の大変な面も聞きますが、やはり仕事終わりの家族サービスが先輩たちにとって幸せであり、その話を聞いて結婚に対する憧れも強くなります。

そんな消防士の結婚相手を探すならこちら⇒【日本最大級】運営13年の婚活サイト ブライダルネット